インドの店

インドのIKEAはどこに開店?インド人向けにレストランのオリジナル食品があるらしい。

最近インドでIKEA一号店のオープンが話題になっています。インド人がIKEAに来て何を食べるのかだけ個人的に気になっていたので調べてみました。

 

インドのIKEAがオープン

ある日曜日の午後に私の旦那がインドの新聞を読んでいて、気になる記事を見せてきた。 どうやらインドにIKEAがオープンするらしい。今まで自分の中ではインドにもIKEAがあるものだと思いこんでいたので少々困惑した。

インドのデリーでもムンバイでもなく…

気になるのはその店舗の場所です。大都市の郊外にできるものだとこれまた思い込んでいたのですが、南インドの大都市ハイデラバードにできたらしいということからさらに驚き。

ちなみにハイデラバードは中心より南のインドの年です。

この南インドの大都市ハイデラバードの一角にIKEAがオープンしたのは2018年8月9日のこと。オープン時は押し合いへし合いの大騒動に発展。一部将棋倒しになるハプニングもあり、インド人がIKEAを心待ちにしていたことがうかがえます。

参考URL:https://www.youtube.com/watch?v=MLqeQ4D5tHk

気になるのは一点。インド人はレストランで何を食べるのか??

スウェーデン発祥のIKEAは世界企業で、店舗のつくりやレストランで提供される食品もほぼ世界中一緒なのですが、気になるのはベジタリアンが多いインド人が食べれるものがイケアで提供できるのか、と言う点。

複数のネット上の新聞メディアを参考にしますと、こういう情報がありました。

 

  • 牛肉や豚肉を食べず、多くはベジタリアンのヒンドゥー教徒が多くを占めるインドではオリジナルメニューを提供する予定
  • ミートボールの肉をチキンに変更。本来提供しているイケアの食品の代替品としてサモサやビリヤニを試験的に導入。

 

さらに、店舗のマネージャーJohn Achilleaによりますと

「インドの信念をできるだけ尊重し、牛肉と豚肉が含まれるミートボールをインドでは導入しないことにしました。」

 

インド人の舌に合うようなメニューを新たに取り入れた、と言う点でいかにIKEAがインドを大きなマーケット市場になるかを予想していることが分かります。
Instagramでも早速シェアされていました。

Hej Hyderabad! IKEA’s largest restaurant is here! Which can accommodate 1000 people. Pretty big han… Cafe which will offer coffee, bakes, frozen yogurt and many more for purchase, a kids’ play area named Småland where customers can leave their children safely. Restaurant will offer 50% Swedish specialities like salmon and chicken and vegetarian meatballs and 50% local delicacies like biryani, samosas, dal makhni in the case of Hyderabad. On my plate- Veg balls, Mango cake, coffee based something (I don’t remember the name) . . . #ikea #ikeahyderabad #hejhyderabad #sweidish #food #foodphotography #foodporn #food52 #hyderabadblogger #hyderabadrestaurants #hyderabadlifestyleblogger #hyderbadfoodies #hyderabadfoodblogger

Nanya Reddy | ♏irage Thy Vogueさん(@mirage.thy.vogue)がシェアした投稿 –

このハイデラバードの店舗は1000人が座れるスペースを用意しているとのことと、半分はイケアが本来提供するサーモンやチキン、ベジタリアンボール、あとの半分はインドオリジナルメニューのサモサ、ビリヤニや豆のダールを提供しているらしい・・・。

ハイデラバードの魅力といえば辛い味付けのビリヤニなのですが、地域によっては味の嗜好が全く違うので他の地域でIKEAがオープンしたら多分その土地のオリジナルメニューになると思われます。

インドのyoutuberも早速潜入して取材していたので、ぜひ雰囲気をチェックしてみてください。

こうやって見てみると、結構洗練されていてほぼ内装は既存のイケアと相違ありません。レストランのメニューもインド食品がうまい具合に馴染んでて素敵に見えます。

ビリヤニも他の動画で確認できました。

このビリヤニだけで100ルピーってちょっと高いんですかね?ドリンクも一回50ルピーぐらいですし価格設定は日本と大して相違はなさそうです。 しかし辛そうなビリヤニですね。多分インド人の旦那も食べきるのがつらいほどだと思われます。

 

IKEAインドと価格設定

食べ物の値段はまぁまぁちょっと安いですが、ほかの商品もコストダウンをインドでは行っているらしいです。

人気商品は米国やカナダなどよりも30パーセントほど価格を抑えて売り出し、子供向けのおもちゃはほとんど200ルピー(300円以下)に抑えているようです。

インドとIKEAの今後

先ほどIKEAインド一号店の場所がなぜハイデラバードかと言うのにはきちんと理由があるようです。

この南インドのハイデラバードという場所は情報テクノロジーのハブ都市と呼ばれ、イケアがこの地で第一歩を踏み出したのはインドの中でもめざましい発展を遂げていることがポイントのようです。

もしこの店舗が長期にわたり成功を収めれば、ほかの都市にも進出する狙いもあるのだとか。

インドの経済成長率は7パーセントという伸び率の中、インドの既存の家具マーケットはまだまだ未開拓であり、イケアが新規にこの部門を開拓できる余地があるのでハイデラバードで成功を収めれば、新規に顧客を獲得できるチャンスを掴める大きなチャンスです。

今後のプランはこんな感じです。

  • 2025年までに25店舗を開店
  • 現在従業員数950のところ、インド全土で15000人まで増やす

 

イケアはインド人の心を掴むことはできるのでしょうか? 私の中のインド人代表(旦那は)

[char no=”1″ char=”ダーリン”]絶対インド人IKEA好きになるだろうね。成功すると思うよ[/char]

と言っていました。中小の家具屋さんのお客がIKEAに取られるのではないかと脅威にみていると報じられましたが、インドにも素晴らしい家具は沢山あるので、IKEAとインドが共同でメイドインインディアのオリジナル家具を出してくれれば、素晴らしいと思いますね。